腸内環境を整えるためのおすすめヨーグルト!

私は女性の悩みに良くある便秘に悩まされているのですが、便秘にはヨーグルトが副作用も無く、筋肉痛も無く良いのではないかと思い試してみることにしました。
しかし、ヨーグルトを効果的に摂取するには色々な決まりごとがあるんですね。
最初の頃は取りあえず食べてたらいいと思って適当に取っており、そのために効果が無かったので、今回は私が効果を実感できたおすすめ方法について簡単にですが書いていきたいと思います。

 

・ヨーグルトには相性がある
ヨーグルトといってもスーパーやコンビニなどにいっても幾つかの種類があることにお気づきになるかと思います。
それらは実は味やメーカーの違いだけではなくて、中に含まれている乳酸菌の違いでもあるんです。
現在では大体30種程度の乳酸菌がヨーグルトとして発売されていますが、腸内環境を整えたいと思った場合にはこのヨーグルトの中からより自分と相性のよいおすすめヨーグルトを探しだすことが重要になってくるんです。
なぜなら、乳酸菌というものは種類によってAさんには効くけれどBさんには効きにくい、という体質による効果の変化が見受けられるからです。
ですのでまずはじっくりと、自分にあうおすすめヨーグルトを探していってみましょう。
私は大体一週間同じヨーグルトを試してみて、効果が無ければ次のヨーグルト、と試して行っってみました。

 

・ヨーグルトを効果的に摂取するには
次に、ヨーグルトを朝食で取っている人も多いかと思いますが、腸内環境を整えたいと思った時には夜、食後に取ることが実はおすすめなのです。
特にヨーグルト等の乳酸菌はお腹がすいた状態で食べてしまうと胃の中の酸に負けてしまって効果が発揮できません。
なのである程度食事をしたあとにヨーグルトを食べる事が大切になってきます。
大体摂取量の目安としては体調にもよりますが100~200g程度を取る様にしています。特に便秘気味といった時には200g程度取っておくと寄り効果を実感しやすいでしょう。
丁度夜の就寝時間付が腸の働きが活発に成る時間なので、その時に乳酸菌がしっかりと働いてくれるように食後のデザートとしてヨーグルトを試してみて下さい。

 

・ヨーグルトのおすすめ摂取方法まとめ
ヨーグルトは食事としてもとりやすく、又腸内環境を整えることに効果の高い食べ物ですが、その実その食べ方のルールを守らないと余り効果を発揮してくれない、という側面もあります。
ですので基本的には「食後」「出来れば夜の腸が活発に動き出す時間の2,3時間前」「自分と相性の良いヨーグルトを食べる」事を心がけてください。

 

さらにヨーグルトの効果を高めたい場合にはほかのアプローチからも腸内環境を整えておくとよ理効果が高まるでしょう。
蜂蜜入りミルクを飲む、お腹を冷やさない、朝起きた後はまず温か飲み物を口にする等の色々な工夫をして、総合的に腸内環境を整えていきましょう。
腸内環境を整えることはトータルとして体全体の健康維持にも繋がってきますので、免疫力が落ちてきたという自覚があるひと冷え性の人等には特に効果が高いのではないかと思います。

 

赤ちゃんの便秘について

 

赤ちゃんは偏った食生活になりがちなのでだんだんと便秘がちな赤ちゃんも出てきます。
赤ん坊にヨーグルトはなかなか食べさせるのも難しいかも知れません。

 

そんな時はこの方法を試してみてください^^

 

>>赤ちゃん 便秘 治す<<

 

赤ちゃんの便秘で悩んでいるようでしたら、こちらの方法を参考にしてみてくださいね^^